ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【中山グランドJ】記録ずくめの絶対王者!オジュウチョウサンがJ・GI5勝目で障害賞金王

4/14(土) 15:49配信

サンケイスポーツ

 4月14日の中山11Rで行われた第20回中山グランドジャンプ(障害4歳以上オープン、定量、J・GI、芝4250メートル、12頭立て、1着賞金=6600万円)は石神深一騎手騎乗で断然の1番人気に支持されたオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)が絶好位を追走から、終始安定した飛越を行い、最終コーナー手前で先頭に躍り出ると、後続を大きく突き放す圧勝劇。同レース3連覇を達成するとともに、障害重賞9連勝で自身の持つJ・GI勝利記録を「5」とした。タイムは4分43秒0(良)のレコード。

 大差2着にレースを引っ張った2番人気のアップトゥデイト、さらに9馬身差遅れた3着には3番人気ニホンピロバロンが入った。

 “絶対王者”は、1着賞金6600万円のレースを勝利したことで、障害競走の獲得賞金額でトップだったゴーカイを抜き、歴代1位の座に就いた。

 障害重賞9勝と障害競走の獲得賞金はともに歴代単独トップ。さらにこれまで自身が持っていた記録を更新するJ・GI5勝目と、カラジ(2005~07年)に並ぶ中山グランドジャンプ3連覇を達成するなど記録ずくめのVとなった。

 中山グランドジャンプを勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエスという血統。馬主は(株)チョウサン。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、通算成績は22戦12勝(うちJ・GI5勝、J・GII3勝、J・GIII1勝)。和田正一郎調教師、石神深一騎手は同レース3連覇。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ