ここから本文です

あす15日(日) 発達した低気圧は北日本へ 北海道では雪

4/14(土) 17:34配信

ウェザーニュース

 明日15日(日)は、発達した低気圧が北日本へと進みます。この低気圧や、そこから伸びる前線の影響で、東日本や北日本を中心に雨や風が強まり、荒れた天気に注意が必要です。北海道では道東や道北を中心に雪が降ります。

 西日本や東日本は、西の地域から天気は回復へ向かい、午後ほど穏やかな天気となってお出かけが楽しめそうです。

北日本・北陸は春の嵐 北海道は雪に注意

 発達した低気圧が北日本を通過します。

 北陸や東北では雨の降るところが多く、北海道では道東や道北を中心に雪となる地域が広がりそうです。積雪となるおそれもあるので、路面状態の悪化に注意が必要です。

 また、風も強く吹く予想で、横殴りの雨や雪になることも。雨具は丈夫なものがよさそうです。

東日本・西日本 お出かけは午後からがおすすめ

 東日本の太平洋側や西日本からは低気圧や前線が離れ、太平洋側を中心にだんだんと日差しが届いてきます。お出かけは午後からがおすすめです。

 関東では一旦本降りの雨がやんだ後も、にわか雨の可能性があるので、お出かけの際は折りたたみ傘があると安心です。

風が冷たく 北日本は寒さ対策を

 西日本や東日本では、天気が回復しても冷たい北風が吹くので、一枚羽織るものがあるとよさそうです。日差しが届き始めると、日なたでは春の暖かさを感じそうです。

 北日本は気温が上がらず、寒さが戻ります。しっかりと防寒をしてお過ごしください。

ウェザーニュース