ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

お豆はえらい子! 塩麹+ヨーグルトでおいしさアップの簡単レシピ

4/14(土) 18:20配信

投信1

「豆を食べるとまめまめしくなるから食べなさい」とうちの母はよく言っていたのですが、私がまめまめしくないのは子供の頃に豆をあまり食べなかったからなのだろうか? 

この記事の写真を見る

ちなみに「まめまめしい」とは「まじめによく働く」というような意味。大豆製品(味噌・納豆・豆腐・油揚げ・豆乳など)はマメに食べていますが、その他の豆はマメに気にしないと、なかなか摂取できないものです。

身体にいい豆をマメにおいしく食べよう!

豆は、可愛らしい見た目とはうらはらに、ギュギュッと色んな栄養分が詰まっている、とってもえらい子。必須アミノ酸を豊富に含んだ良質なタンパク質、ビタミンB1、B2、ミネラルもたっぷり、食物繊維も豊富! 

となればマメに豆を食べねば!  そのためには、唯一マメに作っている、晩酌のアテにしよう! 

というわけで今回は、スーパーで手軽に買えるパック入りの水煮の豆と、同じく手軽に買える乳酸菌・ヨーグルトを使って、ゆる菌なつまみを考えてみました。

ヨーグルトは、すっかりお馴染みの乳酸菌たっぷり食品ですが、豆つながりで豆乳ヨーグルトでもいいですよ!  ここでは普通のヨーグルトで作りましたが、せっかくなので大豆イソフラボンも一緒に摂取して、女っぷりまで上げちゃうってのも手ですね♪

ひよこ豆のクリチディップ

ではまずは豆のディップを作りましょう。前回のゆる菌ごはんで作ったヨーグルトクリチディップをアレンジして、フムス(中東のひよこ豆のディップ)風にしました。

これ、本当においしいので、ぜひ作ってほしい。塩麹がなければ塩でも良いのですが、あればぜひ塩麹で!  クラッカーの代わりに、うすく切った天然酵母のパンにたっぷりのっけて食べても至福です♡

【材料】(2人分)

ひよこ豆(ガルバンゾー)水煮パック…50g
クリームチーズ…36g(個包装のものなら2個)
ヨーグルト…大さじ1
塩麹…小さじ1

【作り方】

 1.ひよこ豆を袋の上から手でつぶす。結構かたいので、手のひらに体重をのせたり、両手を使ってつぶすと良い。少し粒が残るくらいに粗くつぶす方が、食べた時に味の変化があっておいしい。
 2.クリームチーズを耐熱容器に入れ、電子レンジで様子を見ながら10秒くらい加熱する。加熱しすぎるとはじける事があるので、チリチリと音がしたらすぐ止める。
 3.柔らかくなったクリームチーズをよく混ぜながら、ヨーグルトを少しずつ加える(一度に加えると混ぜにくくなる)。塩麹も加えてまぜる。
 4.3に1のひよこ豆をパックから出して混ぜれば完成。クラッカーやうすく切った天然酵母のパンなどにのせて食べる。好みで黒胡椒をひいても良い。

1/2ページ

最終更新:4/14(土) 18:20
投信1