ここから本文です

カミラ夫人と前夫の間に誕生した長男トム・パーカー=ボウルズ&長女ローラ・ロープスの現在

4/14(土) 21:00配信

ELLEgirl

2018年5月19日にハリー王子とメーガン・マークルの結婚式を控え、招待状も発送された今、ゲストリストも関心の的となっている。チャールズ皇太子と再婚したカミラ夫人の子どもたちが出席する可能性についても憶測が飛び交い、その真意に注目が集まっている。カミラ夫人が、前夫アンドリュー・パーカー=ボウルズとの間にもうけた長男トム・パーカー=ボウルズと長女ローラ・ロープス。ウィリアム王子とハリー王子の義兄姉とは、いったいどんな人物なのか?

【写真】カミラ夫人も装着!英国王室に受け継がれるティアラ17

トム・パーカー=ボウルズはイートン校&オックスフォード大学出身

1974年生まれの長男トム・パーカー=ボウルズはウィルトシャーで育ち、ウィリアム王子やハリー王子と同じくイートン・カレッジに進学。2017年に「メール・オン・サンデー」紙の取材で、カミラ夫人がイートンを訪れるとマクドナルドへ連れて行ってくれたというエピソードを明かしていた。その後、名門オックスフォード大学を卒業した。

同紙のインタビューで、かつてカミラ夫人とチャールズ皇太子の不倫関係が世間に報じられた当時、チャールズ皇太子がゴッドファーザーだったことが明るみに出たことも振り返った。「パパラッチはどこへでも追いかけてきては、スパイのように潜んでいたよ。だから私たちは母のバスルームに双眼鏡を置いておいて、毎朝家族の誰かがその日、何人のパパラッチがいるか確認していた。カメラのフラッシュで確認することができたんだ。ピークの時は6人くらい隠れていたよ。それが日常だった」。

トム・パーカー=ボウルズはPRから料理評論家&コラムニストへ転身

トム・パーカー=ボウルズはPRやイベントコンシェルジュの仕事を経験した後、料理評論家&コラムニストへ転身。2012年の「テレグラフ」紙の取材で、「食べ物が文明の基礎だと信じている」と語っていた。『タトラー』誌や『GQ』誌を担当した後、現在は『エスクァイア』誌や「メール・オン・サンデー」紙で執筆をしている。またテレビやラジオでの仕事をこなすほか、これまでにレシピ本も出版。レシピのひとつには、“母のローストチキン”というメニューも。

1/2ページ

最終更新:4/14(土) 21:00
ELLEgirl

Yahoo!ニュースからのお知らせ