ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

被災した小学校跡地に「人工芝グラウンド」完成/岩手・大船渡市

4/14(土) 18:10配信

IBC岩手放送

IBC岩手放送

 地域の人たちにサッカーやフットサルを楽しんでもらおうと、岩手県大船渡市に人工芝のグラウンドが完成しました。

 完成したのは大船渡市赤崎町に整備された「赤崎グラウンド」です。14日には市内のスポーツ少年団や中学校でサッカーに取り組む100人余りが集まり、テープカットで完成を祝いました。
 このグラウンドは被災した赤崎小学校の跡地に整備されたもので、日本サッカー協会からの助成金や、大船渡高校出身で鹿島アントラーズ所属の小笠原満男選手らの呼びかけで集まった寄付金などが活用されています。14日はサッカー元日本代表の北澤豪さんも駆け付け、子どもたちと触れ合いました。グラウンドは15日から本格的に利用が開始されます。

最終更新:4/14(土) 18:10
IBC岩手放送