ここから本文です

「2016年熊本地震」2周年…香港マカオからの支援に蒲島熊本県知事が感謝メッセージ

4/14(土) 9:16配信

マカオ新聞

 在香港日本国総領事館は4月13日、「2016年熊本地震」の発生から2周年を迎えるにあたり、香港及びマカオからの多大な支援に対して蒲島郁夫熊本県知事より感謝メッセージが届いたとし、同館ホームページ及びフェイスブックページに掲載を開始した。

 メッセージは日本語及び中国語(繁体字)版が用意されている。蒲島知事によるメッセージは1周年にあたる昨年の同日にも発信された。

<蒲島知事からのメッセージ>

 甚大な被害をもたらした熊本地震から2年が経過しました。これまで世界中の方々から温かいご支援や励ましの声をいただき、県民は大いに勇気づけられました。香港、マカオの皆様に、県民を代表して心より御礼申し上げます。

 香港と熊本を結ぶ航空路線については、熊本地震により定期便が運休していましたが、昨年11月にようやく香港エクスプレスのチャーター便として再開し、さらに5月20日からは定期便として運航されることが決定しました。両地域をつなぐ懸け橋として、この路線が再開したことを心より嬉しく思っております。

 被害の大きかった阿蘇地域でも、火口に通じる登山道など複数のアクセスルートが回復するなど、皆様に再び阿蘇の雄大な自然を楽しんでいただけるようになりました。

 再開した定期便に乗って、香港、マカオからも多くの皆様にお越しいただけることを、くまモンと一緒にお待ちしています。

最終更新:4/14(土) 9:16
マカオ新聞