ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

人件費ゼロで民家改修 辰野町にゲストハウス

4/14(土) 6:01配信

長野日報

 辰野町移住定住促進協議会の空き家セルフ改修事業で、第2号物件「ゲストハウス・アトリエ和音」が16日、川島渡戸にオープンする。東京から移住した宿主の三村和彦さん、美香子さん夫婦が、地元住民らの協力を得て「人件費ゼロ」で民家を改修。宿の運営ほか交流イベントも開くなどし、人と人をつなぐ地域活性化の拠点づくりを目指す。14、15の両日に内覧会を開く。

 同事業は「DIO(ドゥー・イット・アワセルブズ)」と題し、町空き家バンク登録物件の購入者が自ら改修に携わる。協力者を募って作業を進めるのが特徴で、専門知識のある集落支援員や地域おこし協力隊員もサポート。人件費ゼロはもちろん、入居前から住民らと人間関係を築けるメリットもある。

 物件は築40年の木造2階建てで住居兼用。作業は半年以上かけてしっくい壁の塗装、ウッドデッキ作りなどを行った。ゲストハウスは客室3部屋、リビングなどを備える。絵画制作に取り組む長男の大悟君(9)のアトリエもあり、希望者は創作体験ができる。協力者で東京出身の田中友美さん(31)が運営を担う。

 三村さんは「移住の決め手は辰野の人の温かさ。ゲストハウスでいろんな人を受け入れてつながりを生み出し、恩返しをしたい」と意気込む。

 宿泊は素泊まり1人3800円。内覧会は両日午前9時~午後5時。予約不要。問い合わせは和音(電話0266・55・5583)へ。

最終更新:4/14(土) 6:01
長野日報