ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

岡山・黒住教本部の空にこいのぼり泳ぐ 青や赤など色鮮やかな89匹

4/14(土) 20:02配信

山陽新聞デジタル

 黒住教本部(岡山市北区尾上)に、青や緑、赤など色鮮やかなこいのぼりが今春も飾られた。新緑を吹き抜ける風を受け、89匹が気持ち良さそうに泳いでいる。

 緑に囲まれた「ふれあい広場」で、全国から奉納されたこいのぼり(長さ2~7メートル)を地上15メートルに張ったワイヤ2本からつり下げている。子どもの健やかな成長を願い、黒住教青年連盟が毎年設置しており27回目。今年は12日に取り付けた。

 河野陽介事務局長(36)は「少子化や住宅事情の変化で本格的なこいのぼりを見る機会は減った。雄大に泳ぐ姿を子どもたちに見てもらい、日本の伝統文化を感じてほしい」と話している。

 5月15日まで。同5日は、恒例の「こども健康まつり」(午後1時~2時半)があり、キーホルダー作りやマジックショーなどが楽しめる。問い合わせは同連盟(086―284―2123)。