ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

STU48「船上劇場」お披露目 岡山でサプライズ、メンバー歓喜

4/14(土) 20:23配信

山陽新聞デジタル

 瀬戸内地域を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」の握手会イベントが14日、岡山市北区下石井のイオンモール岡山であり、グループの専用劇場となる船がサプライズでお披露目された。「船上劇場」は準備の難航が伝えられており、待望の発表にメンバーと集まったファン約千人が喜びを爆発させた。

 船の停泊地と会場を中継でつなぎ、山本学STU48劇場支配人が「ついにお披露目する日が来ました」と告げると、舞台上のスクリーンに船が大きく映し出された。メンバーは驚きと歓喜の声を上げ、ファンは「おめでとう」と祝福。デビュー曲「暗闇」でセンターを務める瀧野由美子さん(20)は涙ながらに「ずっとこの日を待っていた。船ができてからが私たちのスタート」と語った。

 船は既存のフェリーで、この日は外観だけ紹介された。全長77・8メートル、全幅12・5メートル。今後内装工事が行われ、山本劇場支配人は「今夏の“出航”を目指す」と伝えた。

 STU48は昨年3月に結成、今年1月にメジャーデビューを果たした。拠点にする瀬戸内7県の主要港を船で巡りながら、船上で公演を行うプランを掲げていたが、これまで3度の計画の頓挫が伝えられ、ファンからは心配の声が寄せられていた。

 岡山県出身のメンバー藤原あずささん(19)は地元での発表に笑顔で、「良い船出が切れるよう、しっかりレッスンを頑張りたい」と意気込んだ。