ここから本文です

<松戸発砲>暴力団組長、拳銃所持などで起訴 千葉地検

4/14(土) 12:10配信

千葉日報オンライン

 千葉地検は13日、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反などの罪で、指定暴力団稲川会系組長、伊沢隆志容疑者(47)=住所不定=を起訴した。

 起訴状などによると、柏市内で2月18日、自動装てん(そうてん)式拳銃1丁と実弾6発を所持。同日ごろ、覚醒剤約7グラムを所持したり、使用したりしたなどとしている。

 伊沢被告は、松戸市の国道6号で昨年5月、稲川会系の元幹部男性(71)が乗ったワゴン車がバイクに乗った男1人から銃撃された事件で、無職の男(48)と共謀し、回転弾倉式拳銃2丁で実弾計7発を発砲し同乗の男性(47)の頭などに大けがを負わせたとして、殺人未遂や銃刀法違反の罪などで起訴されている。

 また地検は13日、同事件で殺人未遂と銃刀法違反容疑で逮捕され、処分保留で釈放した稲川会系組幹部の男性(47)について、嫌疑不十分で不起訴処分とした。