ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

セレッソ大阪、高木俊幸が抜け目なく決め公式戦5連勝…FC東京は連勝ストップ/J1第8節

4/14(土) 16:54配信

GOAL

■J1第8節 C大阪 1-0 FC東京

C大阪:高木(74分)
FC東京:なし

【動画】高木が相手のミスを突いて決勝弾!

明治安田生命J1リーグ第8節が14日に行われ、ヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪とFC東京が対戦した。公式戦4連勝中のC大阪と、リーグ戦4連勝中のFC東京。序盤はつまづいたものの徐々に勢いを取り戻し、上位に付けている好調チーム同士の顔合わせとなる。

C大阪は、MF西本雅崇をJ1リーグ戦初スタメンに抜てき。前節で復帰を果たしたMF清武弘嗣がベンチに控える。対するFC東京はFWディエゴ・オリヴェイラをベンチスタートさせ、FW富樫敬真を先発起用した。ともに前節から中2日という過密日程の中、大きなスタメン変更はない。

日本代表の西野朗新監督も見守る中、互角の戦いを展開する両チーム。双方ともに守備陣の集中力が高く、その壁をこじ開けることができないまま、時間だけが過ぎていく。C大阪はDFマテイ・ヨニッチを、FC東京はDFチャン・ヒョンスを中心に堅固なブロックを形成し、相手に決定機さえも許さなかった。前半はスコアレスで終了。

FC東京は後半、D・オリヴェイラを投入。長いボールを多用し、フィジカルの強さを生かす戦術をとった。しかし、ミスを犯したのはそのFC東京の方だった。自陣ゴール前へ浮いてきたボールに対し、DFとGKがお見合い。これを見逃さなかったのがC大阪FW高木俊幸だった。軽いタッチでボールを奪い、無人のゴールへ流し込んだ。ホームのC大阪が先制。

試合は1-0でC大阪が勝ち、今季リーグ戦初のクリーンシートで公式戦5連勝を達成。FC東京は、リーグ戦の連勝が4で止まった。

C大阪の次戦は17日のAFCチャンピオンズリーグ第6節。広州恒大(中国)とアウェイで対戦する。FC東京は18日、JリーグYBCルヴァンカップ第4節で横浜F・マリノスとのホームゲームに臨む。

GOAL

最終更新:4/14(土) 17:05
GOAL