ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

15日完成セレモニー、若松・神明通りアーケード 会津木綿イメージ

4/14(土) 9:32配信

福島民友新聞

 会津若松市のメインストリート、神明通りの商店街に新設されたアーケードの完成記念セレモニーは15日午前11時から、同通りを歩行者天国にして行われる。
 同通りの通行止めは午前9時から午後4時まで。リオン・ドール神明通り店付近で馬場俊光同通り商店街振興組合理事長や来賓、施工者代表があいさつし、テープカットを行う。ハトが大空に放たれる。
 正午ごろから県警音楽隊の演奏、県内観光の魅力を伝えるPR隊「HAPPYふくしま隊」の演舞や、リオン・ドールカルチャーセンターの成果披露(二胡(にこ)、しの笛、オカリナ演奏)、下郷町の「郷人」によるYOSAKOI演舞が行われる。
 神明通りのアーケードは1957(昭和32)年に設置された。神明通りの代名詞にもなっていたが、亀裂や剥離が進行し危険性が高まったため、アーケードを撤去した。新アーケードは片側340メートル。会津木綿をイメージした落ち着いた雰囲気のデザインで、発光ダイオード(LED)照明で夜間も明るい雰囲気を演出できる。

福島民友新聞

最終更新:4/14(土) 9:32
福島民友新聞