ここから本文です

インターネット、最悪のシナリオが現実に ー 国全体がオフライン

4/14(土) 20:11配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

長年にわたり、敵対的な海外勢力が海底ケーブルを切断する可能性は懸念されてきた。海底ケーブルは国際的なインターネット接続を支えている。

インターネット、最悪のシナリオが現実に ー 国全体がオフライン【他の写真をみる】

2018年4月はじめ、似たような事件が起きた。1つの国全体、具体的にはモーリタニアが海底ケーブルの切断が原因で2日間、インターネットに接続できなくなった。

アフリカの沿岸国とヨーロッパを結ぶ、全長1万7000キロメートルのACE(African Coast to Europe)海底ケーブルが3月30日に切断され、シエラレオネとモーリタニアのインターンネット・アクセスが部分的、あるいは完全に遮断された。

コートジボワール、セネガル、赤道ギニア、ギニア、ギニアビサウ、リベリア、ガンビア、ベニンも影響を受けたと、オラクル傘下のインターネット関連企業、Dynは述べた。ACE海底ケーブルは、アフリカからフランスへ、22カ国を結んでいた。

ケーブルが切断された理由は不明。だが、シエラレオネ政府は、大統領選の決戦選挙に影響をおよぼそうとして、3月31日から4月1日にかけて、国民のインターネット・アクセスを制限したと見られている。

過去5年間、海底ケーブルが結ぶ地域では、大規模なアクセス障害はなかった。

モーリタニアのアクセス遮断は特に深刻だった。Dynのグラフ(下図)を見ると良く分かる。

「最大規模の、長時間にわたる障害がモーリタニアで見られた。完全なアクセス遮断が48時間続き、部分的にしか回復していない」とDynはブログに記した。

国際的な海底ケーブルは、複数のレベルの冗長性を備えている。

だが今回のケースは、ケーブルの切断というシンプルな事態に対して、インターネットがいかに脆弱なのかを示した。APEC(アジア太平洋経済協力)によると、国際的なデータの97%が海底ケーブルを通っている。

以下は、通信関係の調査会社、テレジオグラフィー(TeleGeography)によるヨーロッパの海底ケーブルの地図。

こちらはアメリカの海底ケーブル。

イギリスとアメリカの軍関係者は、海底ケーブルの安全性を守る施策はあまり行われておらず、ロシアは海底ケーブルの近くで活動を続けていると繰り返し警告している。2013年、海底ケーブルを切断しようとした疑いで、エジプトで3人のダイバーが逮捕された。

「敵対勢力による海底ケーブルへの全面的な攻撃を受けた場合、最悪のケースでは、そのインパクトはほとんど壊滅的なものとなる。比較的限定的なアクセス障害でさえ、巨大な経済的混乱を引き起こし、軍の通信にダメージを与える恐れがある」と元アメリカ海軍大将のジェームズ・スタヴリディス(James Stavridis)氏はシンクタンク、Policy Exchangeの2017年のレポートで述べた。

「ロシアの潜水艦は、北米の深海海底ケーブルの近くで詳細な監視とターゲット設定を行っている」と同氏は付け加えた。

今回のACEケーブルの切断にロシアの関与を示すものは何もない。だが、モーリタニアのケースは、海底ケーブルの切断による1国のインターネット・アクセスの遮断の影響を、軍の戦略として研究するための格好の事例となるだろう。

[原文:The internet's worst-case scenario finally happened in real life: An entire country was taken offline, and no one knows why]

(翻訳、編集:増田隆幸)

最終更新:4/16(月) 12:34
BUSINESS INSIDER JAPAN