ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

自由市のにぎわい再現 会津若松・鶴ケ城で會津十楽プレオープン

4/14(土) 9:39配信

福島民友新聞

 会津の城下町の基礎を築いた武将蒲生氏郷が奨励した400年前の自由市を現代風にアレンジした「會津十楽」が13日、会津若松市の鶴ケ城で、プレオープンした。21日の開幕を前に、桜の満開時期が例年より早まったことから一部が営業を始めた。

 サムライシティプロジェクト実行委員会の主催。「會津十楽」では南蛮寺をイメージした小屋約30軒が並び、氏郷が活躍した時代の町のにぎわいを再現する。プレオープンでは、会津産の地酒や和菓子、会津木綿の小物などを販売する店舗が営業する。プレオープンは16日まで。時間は午後5時から同8時30分まで。

福島民友新聞

最終更新:4/14(土) 9:39
福島民友新聞