ここから本文です

バレンシア監督がバルサを警戒、「2試合連続で負けるのは考えにくい」

4/14(土) 18:05配信

SPORT.es

バレンシアの監督マルセリーノ・ガルシア・トラルは、FCバルセロナのチャンピオンズリーグ準々決勝ローマ戦での敗退は大きな影響とはならないと強調している。
むしろ、「彼らが2試合連続で負けるのは考えにくく、非常に難しくなる」と14日(土曜日)日本時間23:15にカンプノウで行われる試合について語っている。

【バルサ 新記録達成なるか】

「今週チャンピオンズリーグで起こったことは、バルサにネガティブな影響を与えるとは私は思わない。前の試合に勝っていようがそうでなかろうが、彼らには関係なく、素晴らしい潜在能力を持っている。しかし、我々は積極的な戦い方をしなければならない」とマルセリーノは説明している。

また、マルセリーノは、「数字を見ればリーグ戦において、カンプノウでのバルサ戦が最も難しい。バルサは、ホームで最も勝点を積み重ねているチームである。また、ローマを真似して試合を戦うことはない」とも述べている。

さらに、「カンプノウでプレーするのもスタディオ・オリンピコ・ディ・ローマでプレーするのも違うし、リーグ戦はチャンピオンズリーグとは違う。それぞれのチームが異なった選手達を保有しており、我々のチームも大きく異なる選手達を保有している」と指摘している。

マルセリーノは、チャンピオンズリーグ出場圏内について言及し、「我々はチャンピオンズリーグ出場権獲得のために全力を尽くすし、今はそれが目標となっている。難しいことはわかっているが、我々は挑戦する」と語っている。

最後にメッシについては、「抱えていた怪我の影響で継続性はなくなるかもしれないが、彼はレベルの高い選手であり、いつも対応するのが難しい。彼の能力があれば、どのチームも破ることができる。また、ルイス・スアレスなど他にも能力の高い選手がおり、万全の準備が必要である」と称賛している。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:4/14(土) 20:02
SPORT.es

Yahoo!ニュースからのお知らせ