ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

トッテナムがアンドレ・ゴメスに興味、移籍金は131億円か

4/14(土) 18:59配信

SPORT.es

トッテナムがアンドレ・ゴメス獲得に興味を示している。
トッテナムの監督マウリシオ・ポチェッティーノはFCバルセロナに所属するゴメスを今夏の補強候補としてウエスト・ハムと同様に考えている。

【バルサ 新記録達成なるか】

昨夏ウエスト・ハムは、スポルティング・リスボンのウィリアム・カルバーリョ獲得に失敗し、ゴメスに対するオファーをすでに出していた。
そして、監督マウリシオ・ポチェッティーノ率いるトッテナムも24歳のゴメスに大きな興味を示しており、プレミアリーグにマッチするプレースタイルだと考えている。

ゴメスとバルサの契約は2021年6月までとされており、移籍金は1億ユーロ(約131億円)とされている。

ゴメスは、2016年にバレンシアからバルサに3,500万ユーロ(約46億円)+ボーナス2,000万ユーロ(約26億円)で加入している。また、契約にはもし同選手がバロンドールを獲得したら、1,500万ユーロ(約19億円)という状況も含まれている。
なお、バルサは、「ゴメスには期待と潜在能力がある」と説明している。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:4/14(土) 18:59
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報