ここから本文です

テレビ、PC、スマホの“同時視聴“は当たり前? 変わる映像メディアの視聴スタイル

4/14(土) 11:04配信

AbemaTIMES

 テレビ放送が始まって半世紀あまり。“一家に一台“で家族団らんの中心だったテレビはいつしか“一部屋に一台“になり、さらにはPCやスマホの普及にともなう視聴スタイルの変化の波に飲まれている。

 15歳から69歳の男女を対象にした調査によると、2006年にはテレビでメディアを視聴しているという人は51.3%と半数を占めたが、昨年には39.0%と激減。その一方、モバイル端末(スマホ・タブレット)で視聴すると答えた人は、3.3%から30.5%と約10倍に伸びている(博報堂DY メディアパートナーズメディア環境研究所「メディア定点調査2017」より)。とくに10~20代は情報に接触している時間の多くがタブレットやスマホとなっており、テレビ受像機で、リアルタイムに視聴しているという人が少なくなっている。それと相関するように、「好きな情報やコンテンツは、好きな時に見たい」と答えた人は10~20代、そして30代でも過半数を超えている結果となっている。

 若者たちに話を聞くと、「テレビを持っていないのでパソコンで見ています」「必要なニュースも携帯で入ってくる。『LINE NEWS』とか。今、全部携帯です」と、情報収集の中心がインターネットになっていることがわかる。さらに、「スマホやパソコンで動画を見ることが多い。スマホだったら面白い番組の面白い場面だけ見る」「テレビはドラマとか映画に使って、携帯はYouTubeで、パソコンはアニメとかを一気に見たい時に使う」と、デバイスを使い分けながら様々な映像コンテンツを楽しんでいるようだ。

■「全部見なくても大体わかる」

 「YouTubeを結構見ている。アイドルがすごく好きなのでアイドルの動画をずっと見ている」。

 都内のIT企業に務める新納愛さん(23)は生粋のアイドルオタク。ベッドで横になりながらスマホで見ていたのは「わーすた」というアイドルのMV。しかし再生しながら他の動画を探し、最後まで見ることはなく次の動画へ。「全部見なくても大体わかる。次の動画を探しちゃったりする。新しい曲は1番のサビだけ聞いたら大体分かるので。でもすごい好きなアイドルとかだと全部見る」。

 若者とメディアのつながり方を研究する博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所の吉川昌孝所長は「チェーンビューイングと名付けた視聴スタイルで、情報量が多すぎるという意識が生活者に高まっていて、自分の面白いと思ったところを効率的につまみ食いしたい。動画からSNS、SNSからサイト、サイトから動画みたいに、縦横無尽に行き来する」と話す。

1/3ページ

最終更新:4/14(土) 11:04
AbemaTIMES