ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

シングルにうれしい!生活のコスパが高い首都圏の街10

4/14(土) 18:15配信

All About

都心から遠くなれば賃料は下がる。だが、あまり遠くなると街がファミリー仕様になってしまい、単身者にとっては夜が早い、定食屋など気軽に食事できる店が少ないなど、不便なことも出てくる。

そこで、ここでは周囲に比べて賃料が安く、それでも単身者にとって暮らしやすい環境の街をピックアップしてみた。基本は外食が多く、あまり防犯を気にしていない男性を中心に考えてあるが、女性の目から見たらどうかも一言添えたので、どちらにも役立つはずだ。駅名の後には住むことになる自治体名。

◆東急世田谷線松陰神社~世田谷(世田谷区)

東急田園都市線三軒茶屋から乗換えがあるため、全般に賃料が下がり、相対的にお得な東急世田谷線。三軒茶屋、駒澤大学だと8万円前後が平均的なワンルームマンションが7万円以下で借りられる。しかも、乗換えは地下でほぼ繋がっているので、さほど遠くもなく、途中にスーパーがあるので、乗換えついでに買い物も可。もちろん、乗換駅三軒茶屋は飲食店も充実しているので、ついでに食べて帰る手もある。


さらに松陰神社前はこれまで何度も勝手に単身者にお勧めしているが、年々、面白いカフェ、飲食店、雑貨店などが誕生しており、暮らしていて楽しい。夜遅い店も増えている。その一方で銭湯や駅名になっている松陰神社、若林公園、少し歩くが世田谷城址公園、招き猫で有名な豪徳寺などがあり、のんびりできる。駅周辺だけでなく、世田谷通り沿いには美味しいパン屋さん、蕎麦屋さんなどがあり、ラーメン店も多い。すぐ近くに世田谷区役所がある点も便利。防犯は気にすることなし。

◆東京メトロ日比谷線三ノ輪~北千住(台東区、荒川区、足立区)

都心直通の東京メトロ日比谷線沿線で賃料、物価が安くなってくるのは入谷以遠。中でもお勧めは昔ながらの下町風情を残す商店街が楽しく、都電荒川線も利用できる三ノ輪。賃料自体は相対的には安いものの、7万円~。生鮮食料品からお惣菜、自家製の漬物などが揃う商店街は実質本位。安くてボリュームがあり、夕方になるとお値引きも。しゃれたカフェや雑貨店はないが、堅実な暮らしができる。都電荒川線は東京メトロ千代田線、JR京浜東北線、東京メトロ南北線、都営三田線、同有楽町線、山手線などと交差しているので、意外に使える。また、各駅停車の旅としゃれこんで休日を過ごすのもお勧め。


浅草からも徒歩圏なので、買い物はもちろん外食、遊びなどで浅草を庭にする暮らしが実現できる。歴史好き、お寺好きなら入谷あたりも含め、飽きないはずだ。

日比谷線では南千住、北千住と家賃は安くなるが、南千住は再開発の影響でどちらかというとシングルよりも、カップル、ファミリー向け。それよりは北千住のほうが複数路線が利用でき、飲食店、商業施設も多くて便利。

ただし、このエリアには昼間からワンカップを手にした人を見かけることもあり、そういう雰囲気は受け付けないという人、特に女性には勧めない。

1/4ページ

最終更新:4/14(土) 18:15
All About