ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

約250匹のこいのぼり 春風に揺れ

4/14(土) 7:41配信

カナロコ by 神奈川新聞

 厚木市温水を流れる恩曽川に沿って、約250匹に上るこいのぼりが掲げられている。5月5日の「こどもの日」にちなみ、地元住民らでつくる「恩曽川をきれいにする会」が2013年から続けている。掲揚は5月6日まで。

 地蔵橋親水広場から下流方向へと、色とりどり、大小さまざまなこいのぼりが風にそよぐ。伝統的な文化を通じて子どもの成長を願う思いが込められており、登下校中の児童・生徒や散歩中の市民らの目を楽しませている。

 13年の当初は6匹程度と小規模だったのが、活動に賛同する地域住民などから年々、寄付が集まり、現在の規模まで拡大したという。

 市によると、市内では、若宮公園(同市森の里)でも今月14日から来月5日までこいのぼり約180匹が飾られる予定。