ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

旧陸軍の砲台跡など公開へ 横須賀でガイドツアー

4/14(土) 23:45配信

カナロコ by 神奈川新聞

 旧陸軍の砲台跡が点在する県立観音崎公園(横須賀市鴨居)を巡るガイドツアーが5月11~13日に開かれる。今年は明治維新から150年に当たることを記念して、園内にある第2砲台の観測所と第4砲台跡が初めて公開される。

 同公園には砲台跡が9カ所あり、明治時代に日本で最初に造られた西洋式の砲台跡が残る。ガイドツアーでは砲台跡のほか、弾薬庫などを見学する。第2砲台の観測所と第4砲台跡は海上自衛隊が管理しており、通常は立ち入ることができないが、海自横須賀地方総監部の協力で実現した。

 11日には観音崎公園ボランティアガイド、12、13日には東京湾要塞(ようさい)研究家が案内する。

 定員は各日20人で、参加費500円。事前予約制で、問い合わせは同公園パークセンター電話046(843)8316。