ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「大相撲大垣場所」のぼり高々 7月29日開催

4/14(土) 8:50配信

岐阜新聞Web

 大垣市制100周年を記念して7月29日に開かれる大相撲夏巡業「水の都 大相撲大垣場所」(岐阜新聞社、岐阜放送主催、大垣市制100周年記念事業実行委員会共催)の興行ムードを高める相撲のぼりが13日、同市高屋町の大垣駅南口に設置された。
 お目見えした相撲のぼりは10本。場所名と協賛企業・団体名が染め込まれた長さ5・4メートル、幅90センチのあでやかなのぼり旗が高さ約8メートルのさおに付けて順に立てられ、春風を受けてはためいた。青や赤、黄、緑など多彩な色合いで、駅利用者らは興味深そうに見入っていた。
 大垣場所は同市加賀野の市総合体育館を会場に、日本相撲協会の協力、大垣共立銀行の特別協賛、田口福寿会の助成を受けて実施。今月21日午前10時から同体育館で、1階席の各種チケットと大相撲弁当の予約引換券を先行発売する。岐阜新聞販売店による先行取り次ぎ販売は23日から。チケットぴあなどでの一般販売は28日から。問い合わせは岐阜新聞社事業局、電話058(264)1159。

岐阜新聞社

最終更新:4/14(土) 8:50
岐阜新聞Web