ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

1回戦プレビュー Part.2 ウォリアーズ×スパーズ/プレーオフ特別企画⑨

4/14(土) 15:15配信

バスケットボールキング

4月15日(現地時間14日)から、計16チームによる今シーズンの王座を懸けた激闘、「NBAプレーオフ2018」が幕を開ける。そこでバスケットボールキングでは、プレーオフ出場チームやシリーズ勝敗予想に加え、これまでのプレーオフにおける名シーンや印象的なシリーズ、ゲームなども順次お届けしていく。

<プレーオフ特別企画⑨>
ファーストラウンド プレビュー Part.2
ゴールデンステート・ウォリアーズ×サンアントニオ・スパーズ

■2017-18シーズン成績
ウォリアーズ>58勝24敗(ウエスタン・カンファレンス2位)
スパーズ>47勝35敗(ウエスタン・カンファレンス7位)

■2017-18シーズン直接対決戦績
ウォリアーズの3勝1敗

■ウォリアーズ

カリー不在の中、KDとトンプソンを軸に挑む

 3月下旬に負った左膝の負傷のため、ステフィン・カリーはファーストラウンドを欠場することが濃厚。今季平均26.4得点を挙げているカリーは、ウォリアーズのオフェンスにおいて最も重要なコグ(歯車)だけに、オフェンス面は決して万全とは言えない状態にある。

 事実、カリーがコートにいる時のウォリアーズは、オフェンシブ・レーティングで120.4点、相手チームを14.7点も上回る数字を残していた。一方、カリー不在となると、その数字は106.1点までダウンしていた。

 スパーズとのシリーズでは、KDことケビン・デュラントと、クレイ・トンプソンが中心となって攻めていくこととなる。デュラントはアイソレーションでも得点できるうえに、キャッチ&シュートの3ポイントシュートでリーグ2位となる49.0パーセントという高い成功率を残している。デュラントとトンプソンはミドルレンジショットも精度が高いため、スパーズに脅威を与えることは十分可能だ。

 カリーのポジションには、3月下旬から先発の座をキープするクイン・クックが務めることが濃厚。カリーと比較するのはさすがに酷だが、ショット全般の成功率は高く、プレーオフでスランプにならなければ、及第点を与えられるプレーを見せるだろう。このチームにはドレイモンド・グリーンをはじめ、ベンチからショーン・リビングストン、アンドレ・イグダーラといった堅実な選手が複数いる。そのため、パスの配球役に困ることはないだろう。ディフェンス面で大崩れしなければ、1回戦を突破するに違いない。

■スパーズ

1/2ページ