ここから本文です

京都ハンナリーズがレバンガ北海道を2点差で退ける、スミスが32得点14リバウンドを記録

4/14(土) 20:38配信

バスケットボールキング

 4月14日、北海きたえーるにてB1リーグ第28節が行われ、京都ハンナリーズがレバンガ北海道との第1戦に臨んだ。

 アウェイの京都はジュリアン・マブンガ、綿貫瞬が欠場となったこの試合。開始から点を取り合う展開となったが、第1クォーターは同点で迎えた残り25秒に内海慎吾の3ポイントが決まり3点リードを得た。

 第2クォーターはマーク・トラソリーニに10得点を与えたが、ジョシュア・スミスがそれを上回る計13得点をマーク。この10分間も22-20とリードして終え、5点差で前半を終えた。

 第3クォーターは開始4分22秒からスミス、永吉佑也の連続得点で9点差とわずかに抜けだす。しかし、残り4分24秒から桜井良太の3ポイントを皮切りに連続10失点を喫し逆転を許してしまう。それでも、そこからスミスがバスケットカウントと計3本のフリースローを沈めて59-58で勝負の第4クォーターへ。

 最終クォーター序盤はシーソーゲームとなるも、試合終了残り4分48秒からスミスのフリースロー、伊藤達哉のジャンプショットで4点リードとする。終盤はトラソリーニに連続得点を決められ同37秒時点で73-71。同16秒には獲得したフリースローをスミスが2本落としたが、最後の逆転を狙ったトラソリーニの3ポイントはリングに嫌われ、京都が敵地での接戦をものにした。チームをけん引したスミスは、ともにゲームハイの計32得点14リバウンドの活躍で勝利に大きく貢献した。

【試合結果】
レバンガ北海道 71-73 京都ハンナリーズ(@北海きたえーる)
北海道|19|20|19|13|=71
京 都|22|22|15|14|=73

BASKETBALL KING