ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大阪エヴェッサが今季初の5連勝を達成、ホームで横浜ビー・コルセアーズに快勝を収める

4/14(土) 21:19配信

バスケットボールキング

 4月14日、各地でB1リーグ第28節第1戦が行われ、府民共済SUPERアリーナでは大阪エヴェッサが横浜ビー・コルセアーズを迎え撃った。

 第1クォーター、デイビッド・ウェアのジャンプショットでチーム初得点を記録した大阪。残り3分47秒、17-17の場面からエグゼビア・ギブソンの得点を皮切りにウェア、木下博之、合田怜が続いて15-0のランを見せ、17点リードで最初の10分間を終えた。続く第2クォーターは、ハシーム・サビート・マンカに9得点2リバウンドを許すなどで計22失点。53-41と点差を詰められ試合を折り返した。

 第3クォーターに入ると、立ちあがりからウィリアム・マクドナルド、高島一貴に得点を奪われ横浜の反撃に遭う。残り2分8秒には2点差まで詰め寄られたが、キース・ベンソン、木下博之の得点で逆転は許さず72-68で最終クォーターへ突入した。

 第4クォーターは先制点を挙げたベンソン、木下の活躍もあり序盤で点差を10点に戻す。開始4分44秒からはディフェンスが機能し、試合終了残り21秒まで相手を無得点に抑えこむことに成功。その間も着実に得点を重ねて97-76で勝利した大阪が、今シーズン初の5連勝を達成した。

【試合結果】
大阪エヴェッサ 97-76 横浜ビー・コルセアーズ(@府民共済SUPERアリーナ)
大阪|36|17|19|25|=97
横浜|19|22|27|8|=76

BASKETBALL KING