ここから本文です

1回戦プレビュー Part.4 ブレイザーズ×ペリカンズ/プレーオフ特別企画⑪

4/14(土) 20:58配信

バスケットボールキング

4月15日(現地時間14日)から、計16チームによる今シーズンの王座を懸けた激闘、「NBAプレーオフ2018」が幕を開ける。そこでバスケットボールキングでは、プレーオフ出場チームやシリーズ勝敗予想に加え、これまでのプレーオフにおける名シーンや印象的なシリーズ、ゲームなども順次お届けしていく。

<プレーオフ特別企画⑪>
ファーストラウンド プレビュー Part.4
ポートランド・トレイルブレイザーズ×ニューオリンズ・ペリカンズ

■2017-18シーズン成績
ブレイザーズ>49勝33敗(ウエスタン・カンファレンス3位)
ペリカンズ>48勝34敗(ウエスタン・カンファレンス6位)

■2017-18シーズン直接対決戦績
2勝2敗

■ブレイザーズ

プルアップ・ジャンパーを多用するシューター軍団

 デイミアン・リラードとCJ・マッカラムというリーグ屈指のスコアリングガードを擁するブレイザーズは、5年連続のプレーオフ出場となった。

 先発スモールフォワードのモーリス・ハークレスが左膝の手術により、復帰は4月下旬と伝えられている。そのため、シーズン終盤と同様に、エバン・ターナーがハークレスの代わりに先発として出場することとなる。

 ターナーと共にフロントラインを組むのはアル・ファルーク・アミヌとユスフ・ヌルキッチ。特にヌルキッチはリラードとマッカラムに次ぐ3番手の得点源として大きな期待がかかる。

 とはいえ、このチームの生命線はやはりアウトサイドシュート。トランジション・オフェンスの割合(10.5パーセント)は30チームで最も少なく、プルアップ・ジャンパーの平均試投数(28.6回)はリーグ最多だからである。リラードとマッカラムだけでなく、シャバズ・ネイピアーやターナーらがショットを放つべく、ビッグマンたちは体を張ってスクリーンをかけて、バックコート陣が中心となって気持ちよくショットを放つ。これをペリカンズ相手にも継続することがシリーズ突破のポイントとなるだろう。

■ペリカンズ

1/2ページ