ここから本文です

チューリップ鮮やか 入善・フラワーロード開幕

4/14(土) 14:36配信

北日本新聞

 入善町の春の一大イベント「にゅうぜんフラワーロード」は14日、町中央公園陸上競技場東側のほ場をメイン会場に始まった。家族連れらが早速、色とりどりのチューリップを見て楽しんだ。

 入善町花卉(かき)球根組合などでつくる町フラワーロード実行委員会(杉澤忠司委員長)が毎年主催し、22回目を迎えた。4月末までの期間中、県産50品種を含めた110品種200万本のチューリップやスイセンを観賞できる。

 会場内の仮設コンテナハウス前でフラワーショップ開店式があり、杉澤委員長が開幕を宣言。訪れた親子や夫婦は黄や赤、白の花々で彩られた畑を歩いて回り、記念写真や動画を撮影して笑顔を見せていた。プランターや切り花、土産品を販売するショップもにぎわった。

 実行委によると、見頃は20日前後という。21、22の両日はウエルカムイベントを行い、飲食ブースや消防車両による空中観覧で来場者をもてなす。北日本新聞社後援。

 同町のうるおい館では30日まで、昨年のフラワーロードフォトコンテストに応募のあった約50点の写真を展示している。町キラキラ商工観光課の担当者は「フラワーロード会場だけでなく、まちなかで開催中の写真展にも足を運んでもらえたらうれしい」と話している。

北日本新聞社

最終更新:4/14(土) 21:59
北日本新聞