ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本ハム有原が今季初登板初先発で初勝利 8回3安打1失点の好投

4/14(土) 16:06配信

Full-Count

春季キャンプで右肩を痛め、この日がシーズン初登板

 日本ハムの有原航平投手が14日、ほっともっと神戸で行われたオリックス戦に今季初登板初先発。右肩炎症で出遅れていた右腕は8回3安打1失点の好投で今季初勝利を手に入れた。

【動画】切れ味バツグンのフォークでオリ打線を“制圧” 今季初勝利を飾った日本ハム・有原の投球ダイジェスト

 遅れてきたエースが今季初登板で最高の投球を見せた。初回、先頭の宗をフォークで空振り三振に打ち取ると、大城、吉田正を凡打に打ち取り3者凡退スタート。140キロ後半の直球にカット、フォークをコーナーに集め4回まで一人の走者も許さない完全投球を見せる。

 1点リードで迎えた5回。先頭のロメロにこの試合、初安打となる左前打を浴びると、続く小谷野にも右前打で続かれ無死一、三塁のピンチ。だが、マレーロを一ゴロ、T-岡田を投ゴロ、安達は空振り三振に仕留める圧巻の投球で無失点で切り抜けた。

 最大のピンチを乗り越えた右腕は6、7回と3者凡退に抑えたが、8回に先頭のマレーロに左中間へ一発を浴び1点を失った。有原はこの回でマウンド降り、9回は石川にマウンドを譲った。シーズン前には栗山監督から開幕投手に任命された右腕が復帰戦で貫録の投球を見せた。

Full-Count編集部

最終更新:4/15(日) 20:53
Full-Count