ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

西武3連勝で今季最多の貯金9 多和田が1失点完投で3勝目 楽天は10敗目

4/14(土) 16:49配信

Full-Count

初回に秋山が今季初アーチとなる先頭打者本塁打放つ

 西武が3連勝で貯金を今季最多の9まで伸ばした。14日、敵地・楽天生命パークで行われた楽天戦。先発の多和田真三郎投手が楽天打線を内野ゴロの間の1失点に封じる圧巻の投球を見せてチームは快勝。開幕8連勝ののち、2連敗したものの、再び3連勝とした。

【動画】“覚醒”の兆しを見せる西武の先発・多和田が無傷の3連勝!楽天vs西武の試合ダイジェスト

 初回、秋山が今季初アーチとなる先頭打者本塁打を放って1点を先制した西武。3回には3連続四死球で1死満塁のチャンスをもらうと、森が右前へ2点適時打を放って加点。7回には源田の適時三塁打で1点を加えた。

 先発の多和田は申し分のない好投。初回1死から茂木に右安打を許したが、ペゲーロの一邪飛で茂木が戻れずに併殺に。2回からは楽天打線に凡打の山を築かせた。6回に岡島に右前安打を許しても、続く足立を遊ゴロ併殺に斬った。7回まで打者21人で封じる安定感溢れるピッチングだった。

 8回に先頭の藤田に二塁打を許し、2つの内野ゴロで生還を許したが、失点はこれだけ。9回まで投げ抜いて1失点で勝利投手となった。今季初先発だった3月31日の日本ハム戦、4月7日のオリックス戦に続き3戦連続で勝利投手となり、無傷の3勝目をあげた。

 楽天は12球団で最も早い今季10敗目に。打線が多和田に苦しめられ、先発の美馬は7回7安打4失点。3回に3連続四死球から失った2点がもったいなかった。

Full-Count編集部

最終更新:4/14(土) 17:39
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/21(土) 15:15