ここから本文です

西武のV確率は75%!? 開幕8連勝以上したパ球団の最終成績はどうだった?

4/14(土) 19:29配信

Full-Count

プロ野球記録は1954年に西鉄が記録した開幕11連勝

 開幕から続いていた埼玉西武の連勝は、4月10日のロッテ戦に敗れて8でストップした。ただ、連勝が止まったとはいえ、開幕からロケットスタートを切ることに成功した。では、過去に開幕8連勝以上を決めたパ・リーグの球団は、最終的にどのような成績を残したのだろうか。

【動画】西武、ロケットスタート成功で開幕8連勝、"劇的"シーンまとめ!

【11連勝】
1954年 西鉄
最終成績:90勝47敗3分(優勝)
 プロ野球記録となる開幕11連勝を飾った西鉄は、南海との優勝争いを制し球団創立初のリーグ優勝を達成した。ちなみに2位の南海とのゲーム差はわずか0.5。開幕11連勝の好スタートを切ったものの、最後まで手に汗握る熱戦を繰り広げたことが分かる。

【10連勝】
1955年 南海
最終成績:99勝41敗3分(優勝)
 前年西鉄が開幕11連勝を決めたが、この年は南海が開幕10連勝スタート。1954年と同じように西鉄と激しい優勝争いを繰り広げたものの、最終的には9ゲーム差をつけてリーグ優勝を飾った。なお、この年に挙げた南海の99勝は、現在もシーズンのプロ野球最多勝利記録となっている。

【8連勝】
1989年 オリックス
最終成績:72勝55敗3分(2位)
 阪急ブレーブスからオリックス・ブレーブスに変わったこの年、前年本塁打・打点の二冠に輝いた門田博光氏が加わり、開幕から8連勝。だが、徐々に失速。近鉄、西武とリーグ優勝を争ったが、最終的には近鉄に優勝をさらわれた。オリックスは近鉄に勝率1厘差の2位だった。

1991年 西武
最終成績:81勝43敗6分(優勝)
 前年の1990年、2位のオリックスに12ゲーム差をつけてリーグ優勝を果たし、巨人との日本シリーズも4連勝で制して日本一に輝いていた西武。開幕8連勝を飾った1991年は、一時近鉄に首位を譲ったが、持ち直してリーグ連覇。日本シリーズでも広島を下し、2年連続の日本一に輝いた。

 過去の例を見ると、1989年のオリックスを除き、全てリーグ優勝を達成している。今年の埼玉西武は秋に10年ぶりの歓喜の瞬間を迎えることができるだろうか…。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部

最終更新:4/14(土) 19:32
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/21(土) 9:35