ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

広島、丸の特大3ラン&ジョンソン8回2失点で快勝 巨人は田口がまた勝てず

4/14(土) 20:30配信

Full-Count

丸は3回に巨人先発の田口から右翼席最上段への3ランを放つ

 広島が競り勝ち、貯金を2に戻した。14日、敵地・東京ドームで行われた巨人戦。丸が放った先制の3ランで奪ったリードを、先発のジョンソンが8回2失点の好投で守り抜いた。

【スコア速報】丸の特大3ラン&ジョンソン8回2失点で広島快勝! 14日の巨人対広島戦、試合経過詳細

 主砲の1発が勝利を呼んだ。3回だ。1死からジョンソンが中前安打を放って出塁すると、田中も中前安打で続く。2死一、二塁となって打席に立った丸。カウント2ボール1ストライクからの4球目、巨人先発の田口が投じたストレートを捉えると、打った瞬間に本塁打と分かる完璧な当たりに。敵地の右翼席上段へと飛び込む特大の5号3ランで一気に3点のリードを奪った

 序盤にリードをもらったジョンソンは、打たせて取るピッチングで巨人打線を2点に抑え込んだ。4回に犠飛で1点を許し、7回にはゲレーロにソロ本塁打を浴びたが、同点、逆転は許さなかった。左腕は3試合連続でクオリティースタートを果たし、2勝目をマークした。

 巨人は、先発の田口が3回に丸に痛恨の3ランを被弾。点を失ったのはこの3回だけだったが、6回6安打3失点でマウンドを降りた。2年連続2桁勝利中の左腕だが、今季は3度先発マウンドに立ちながら、いまだに未勝利となっている。7回にはゲレーロに今季初アーチとなるソロが飛び出したが、空砲に。1発の後に1死二塁のチャンスをつかんだが、中井の右飛で代走の吉川大が飛び出すボーンヘッド。同点のチャンスを潰した。

Full-Count編集部

最終更新:4/14(土) 20:37
Full-Count