ここから本文です

韓国ノワール『V.I.P. 修羅の獣たち』で、チャン・ドンゴンが“次世代スター”と熾烈な演技バトル!

4/14(土) 12:00配信

Movie Walker

韓国国内で400万人以上の動員数を記録した『新しき世界』(13)で知られる韓国ノワールの巨匠、パク・フンジョン監督と韓流ブームの火付け役の1人、チャン・ドンゴンがタッグを組んだ『V.I.P. 修羅の獣たち』が6月16日(土)から公開。このたび本作から予告編が到着した。

【写真を見る】注目の若手スター、イ・ジョンソクが初の悪役挑戦で狂気の表情!

本作は、保守政権時代にあったとされる韓国の国家情報院が北朝鮮高官の亡命を援助する“企画亡命”と、1987年に香港で実際に起きたスージー・キム事件と呼ばれる殺人事件隠蔽のため、スパイを捏造した男の事件から着想を得たクライム・アクション。

国家情報院とCIAの企てにより北朝鮮から亡命してきたエリート高官の息子が、連続殺人事件の容疑者として浮上。彼を追う刑事や、事件を隠蔽しようとする国家情報院の要員、そして保安省に所属する冷徹な工作員が入り交じり、思わぬ事態へと発展していく。

このたび解禁された予告編では、互いに異なる目的を持った男たちが様々なジレンマと対峙していく姿と、迫力満点のカーチェイスをはじめとした激しいアクションシーンが描かれていく。

中でも、物語の鍵を握る高官の息子で、サイコパス的な殺人鬼キム・グァンイルを演じるイ・ジョンソクの狂気を帯びた表情は必見だ。『観相師 かんそうし』(13)や『僕らの青春白書』(14)、人気ドラマ「ドクター異邦人」での好演で、いまや若手No. 1俳優と目されている彼は本作で初の悪役に挑戦。ベテラン俳優相手にも引けを取らない熱演を披露している。

また『泣く男』(14)以来の映画出演となるチャン・ドンゴンや、キム・ミョンミン、パク・ヒスンら実力派俳優に加え『アルマゲドン』(98)などで知られるスウェーデン出身俳優ピーター・ストーメアも出演。彼らが繰り広げる白熱した演技バトルに注目したい。

(Movie Walker・文/久保田 和馬)

最終更新:4/14(土) 12:00
Movie Walker