ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉が体重オーバー 猶予2時間ダメなら王座剥奪

4/14(土) 13:25配信

日刊スポーツ

 ボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)の前日計量が14日、都内で行われ、16連続KO勝利の日本記録がかかるWBC世界フライ級王者の比嘉大吾(22=白井・具志堅)は1回目で制限体重の50・8キロを900グラムオーバーした。

【写真】会見を終え具志堅会長と引き揚げる比嘉

 2時間の猶予の間にパスしなければ、王座剥奪となる。過去、日本人王者が計量失格となったケースはない。挑戦者の同級2位クリストファー・ロサレス(ニカラグア)は50・5キロで一発パスした。

 3度目の防衛戦だった比嘉は軽量級では際立つ筋肉の持ち主で、ここ数戦は毎試合で減量苦があった。13日の公式会見では「今回も1ラウンドから全力で倒しにいきます」と述べていたが、ひげを伸ばした表情に覇気はなく、体調面での心配が募っていた。この日も生気がない顔つきだった。

最終更新:4/14(土) 15:47
日刊スポーツ