ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

横浜がコールド勝ち 左腕板川が7回無失点好投

4/14(土) 14:05配信

日刊スポーツ

<高校野球春季神奈川大会:横浜7-0藤沢翔陵>◇14日◇3回戦◇バッティングパレス相石スタジアムひらつか

【写真】兄の中日小笠原と同じ背番号「11」を着けて先発した藤沢翔陵・小笠原智一

 横浜が8回コールドで4回戦へ進出した。先発左腕のエース板川佳矢投手(3年)が7回3安打無失点。7三振を奪う好投で味方打線にリズムをもたらした。

 「今日は余裕を持って投げられた。この前(旭丘戦)の投球が良くなかったので、フォームの確認や心構えを見直した。エースの責任やプレッシャーを力に代えていきたい」と頼もしかった。打線は主将の斎藤大輝内野手(3年)が2安打2打点でけん引。序盤に得点を挙げて、終盤にダメ押しできっちり加点。11安打を浴びせて快勝した。

最終更新:4/14(土) 14:10
日刊スポーツ