ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

フェッテル2戦連続ポールポジション 中国GP予選

4/14(土) 17:22配信

日刊スポーツ

 中国GPの予選が14日に行われ、フェラーリのセバスチャン・フェッテルが2戦連続のポールポジションを獲得した。途中まで予選をリードしたのはチームメートのキミ・ライコネンだったが、フェッテルは最後のアタックの最終セクターで最速タイムを更新し自身通算52回目のポールポジションをつかみ取った。

 「アタックの1周全てが満足だよ。クルマの仕上がりはとても良かったし、どんどん良くなってきた。(予選最終アタックまで)さらにプッシュできる余裕があることは分かっていたんだ」(フェッテル)

 メルセデスAMGは気温12度、路面温度16度という極めて寒いコンディションでタイヤをうまく機能させることができず、バルテリ・ボッタスが3位、ルイス・ハミルトンが4位となった。しかし明日の決勝ではこれよりも気温・路面温度ともに高くなることが予想されており、メルセデスAMGに有利に働くものと見られている。

 トロロッソ・ホンダも同様にセットアップが決まらず、寒いコンディションでタイヤのウオームアップに苦戦してグリップ不足に悩んだ。コンマ数秒に何台ものマシンがひしめく中団グループの中で、タイム差こそ大きくはなかったもののブレンドン・ハートリーは15位、ピエール・ガスリーは17位と下位に沈んだ。(米家峰起通信員)

最終更新:4/15(日) 21:28
日刊スポーツ