ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

稀勢の里が幕内力士トーナメントで優勝、復調手応え

4/14(土) 17:31配信

日刊スポーツ

 大相撲春巡業が14日、神奈川・藤沢市で行われ、6場所連続休場中の横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が、幕内力士トーナメントで優勝を果たして復活のきっかけをつかんだ。

【写真】ぶつかり稽古で栃ノ心(左)に胸を出す稀勢の里

 12日の埼玉・草加市で行われた巡業から途中合流して以降、2日続けて朝稽古で相撲を取っていたがこの日は回避。花道で四股やゴムチューブを使ったトレーニングなどで汗を流した。幕内力士16人によるトーナメントでは、平幕の玉鷲、正代、魁聖を下して決勝では同部屋の大関高安を下して優勝。全ての取組で、立ち合いで左を差して自分の形を作った。

 夏場所(5月13日初日、東京・両国国技館)出場の明言はまだしていないが、充実した表情からは好感触をつかんだのは間違いなさそうだった。

最終更新:4/14(土) 18:00
日刊スポーツ