ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

上戸彩コナン舞台あいさつで古谷徹が美声で求愛

4/14(土) 18:18配信

日刊スポーツ

 女優上戸彩(32)お笑いタレント博多大吉(47)が14日、都内で、ゲスト声優を務める映画「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】舞台あいさつに登場した上戸彩

 上戸は「コナン君を見て育ってきた世代なので、舞台に立ててうれしいです」と笑顔であいさつ。大吉は、自身の声優としての評判をマネジャーに確認したといい、「『予想どおり下手』と『そこまでじゃない』の半々に分かれました。どっちにしても下手なんじゃないか」と自虐気味に話した。

 舞台あいさつでは、作品の内容にちなんだ告白セリフを披露する対決が行われた。上戸に向かい、美声で求愛した声優の古谷徹(64)に対し、大吉は「あっ…」という、謎のひと言を発した。声優に自信がないという大吉が唯一自信のあるセリフといい、「(演じる)羽場二三一が、ゲーム会社に忍び込んだところを発見されるシーンです」と苦笑い。「とんねるずの(細かすぎて伝わらない)モノマネのオーディションで受からない」と冷静に判断していた。

 声優高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也も登壇した。

最終更新:4/14(土) 18:30
日刊スポーツ