ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

久高寛之が16年目の初日本王座、5度目世界戦意欲

4/14(土) 23:51配信

日刊スポーツ

<プロボクシング:日本スーパーフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

 同級2位久高寛之(33=仲里)が同級1位翁長吾央(37=大橋)を2-0判定で破り、日本タイトル初戴冠に成功した。

 老練なサウスポーの手数の多さに苦しんだが、腰の入った重いパンチがポイントにつながった。過去4度の世界戦を経験したが、王座奪取はなし。今回は日本タイトルだったが、11年前に日本フライ級王座奪取に失敗しており、喜びは格別。リングで勝者のコールを受けると歓喜の涙を流した。

 「(ベルトは)すごい重たいです。必ず、何が何でも、と思ってました。(デビュー)16年目でやっと日本が取れました」。33歳のベテランは夢をあきらめず、5度目の世界挑戦の機会をうかがっていく。

最終更新:4/14(土) 23:53
日刊スポーツ