ここから本文です

【Suuuuuuuu インタビュー】私はまだ生きてるから、さよならはまだ言わない

4/14(土) 12:02配信

OKMusic

京都在住の女性シンガーSuuuuuuuu(すー)のEP『おわりのはじまりe.p』に込められているものとは? サウンドプロデューサー・井澤聖一(モケーレムベンベ)も参加したインタビューをお届けする。

Suuuuuuuu インタビューのその他の写真

──どういうきっかけで音楽活動を始めたのですか?

Suuuuuuuu:友達でもあるシンガーソングライターの万理音に誘われてライヴをするようになったのがきっかけです。彼女と私は山崎あおいちゃんが好きで、そのつながりで友達になったんです。私が高校を卒業したタイミングで“やろうよ”って引きずり出してくれました。

──もともと楽器をやったりはしていたんですか?

Suuuuuuuu:2歳くらいから小6くらいまでピアノをやっていました。父がもともとギターをやっていて、ギターが家にあったので興味はありました。中3くらいの頃にあおいちゃんを知って、めっちゃ手元が映ってる動画を観ながらコピーをするようになったんです。

──オリジナル曲を作るようになったきっかけは?

Suuuuuuuu:篠山浩生さん(THURSDAY'S YOUTH/ex. Suck a Stew Dry)が歌詞の添削をするっていう企画をやっていたことがあって。それで、“ここはめっちゃいい”とか、“ここはこうしたほうがいい”とか、返してくれたのが嬉しくて。

──そういうさまざまなきっかけが重なって今に至るということですね。

Suuuuuuuu:そういうことになるんですかね。最初にライヴをやった時はボロボロでしたけど(笑)。でも、世界が一気に広がった気がしたのはよく覚えています。ライヴをやるのは“一番息ができる”っていうのがあるんです。家があまり居心地が良くなくて。

井澤:何をしようとしても否定されるような環境だったんだよね?

Suuuuuuuu:はい。小さい頃っていろいろやってみたいこととかがあるじゃないですか。そういうことを言うと、できない理由とか、デメリットの話をめっちゃされたんです。あと、兄は私のことがめっちゃ嫌いで。存在も、生まれてきたことも、全部否定されているような気持ちになる環境にずっといたんです。何もなくなって、何もしたくなくなって、死にたくなって…。でも、そんな時に“Suck a Stew Dryのライヴに行きたい”っていうのはあったんですよね。初めて自分の意思で選んだのが、そういう場所だったんです。

──井澤さんはどういう経緯でサウンドプロデューサーとして関わるようになったんですか?

井澤:最初はレコーディング現場のいろんなセッティングとかを手伝うつもりで現場に行ったんですけど、自然とこうなっていました(笑)。レコーディングエンジニアと彼女のやり取りを聞きながら、相槌を打ったり、ちょっと何かを言ったりしていたら、それが結果的にすごく噛み砕いた説明になっていたみたいなんですよね。

──そして、完成したのが今作ですが、どういうものにしたいと思っていました?

Suuuuuuuu:前に『存在証明e.p』というCDを作ったんですけど、それは“痛みの肯定と存在の証明”っていうテーマだったんです。生まれてきたこと、生きてきたこと、今生きているということは間違ってないって言いたかったんですよね。その作品のツアーファイナルは今回の新しいCDのレコ発も兼ねていたんですけど、前作で過去から今の話をしたので、今作では、今とこれからの話をしたいと思っていました。今回のタイトルは“おわりのはじまりe.p”ですけど、どんなこともいつか全部が終わるじゃないですか。時間は流れるし、人も気持ちも変わっていくものですから。もし変わらなかったとしても、たまたま変わるよりも死ぬタイミングが先だっただけで…“どうせいつか終わるんだったら、そして生きてるんだったら、自分の手で、ここからその終わりを始めたいな”と。私はずっと出口のない真っ黒な場所にいて。“真っ暗”ではなくて“真っ黒”な場所なんです。暗闇って光を内包していると思うんですけど、“真っ黒”は“ただただ塗り潰されている”っていう閉塞感の象徴で。今もそういう場所にいるんですけど、“死ねないから、生きてる限りは生きてよう”みたいな(笑)。諦めて生きるっていう選択肢がないんです。“出口を見つけるか、死ぬか”っていうことなんです。

井澤:そこから“おわりのはじまり”っていう言葉につながっていくんじゃない?

Suuuuuuuu:うん。死ねないからって“そういうもんか…”って死んだみたいに生きるのは無理なんです。だから、出口を見つけるか、その前に死ぬかっていうことですね。私はまだ死んでいないから、生きてるから、さよならはまだ言わないことにしたんです。“辞める”っていうのを辞めることにしたんです。

井澤:今回のCDに「明日へ花束を」という曲が収録されているんですけど、彼女が今までに感じてきたことが込められていると僕は感じています。この曲、ずっとタイトルが未定のままだったんですけど。

Suuuuuuuu:“明日へ花束を”は最初は3月27日のツアーファイナルのタイトルとして付けたんです。私の本名は“明日花”で“明日きれいな花が咲きますように”っていう意味らしいんですけど、私がいるのはずっと“今日”だから、一生花が咲かないんだなって思っていました。今年の3月27日は初めてライヴをやってちょうど3年で、嫌いだった自分の名前とかも全部背負って、明日に花束を贈るのではなくて、叩き付けてやろうと(笑)。“今をちゃんと生きられるために、ここから終わりを始めよう”と思って付けたタイトルが、この曲にぴったりだなということになったんですよね。

井澤:音楽を始めたきっかけ、音楽を今やっている理由とか、いろんなことが全部この曲にこもっている感じがしています。

Suuuuuuuu:この曲って“希望”というよりも“覚悟”とか“決意”なんです。でも、好きなように聴いていただければと思っています。押し付けたいわけではなくて、“音楽で話をしたい”みたいな感覚で私は音楽をやっていますから。

──今後はどのような活動をしていきたいと思っていますか?

Suuuuuuuu:活動の場が広がったとしても目の前の大事なものを積み重ねた結果でありたいです。そして、誰も省かずに歌を歌ってみたいとずっと思っています。例えば、“あなた”って歌っても、“これは自分は含まれない”って本当に届くべき人こそ思ってしまったりするけど、“これはお前だよ!”って言いたいです。それから、他人のことばっかり言って自分自身を省くやつにも“なんでだよお前もだろ!”って言いたい。誰も省かずに、自分のことすらも省かずに、飾ってるものとか縛っているものとかがない状態…“人そのもの”というレベルで、“ただの人”としての私で、“ただの人”としての誰かと話をしてみたいというスタンスで、今も歌を歌っています。人なんて矛盾していて当たり前なので、いろんなことを全部飲み込んでやろうと思っています。

取材:田中 大

OKMusic編集部

最終更新:4/14(土) 12:02
OKMusic