ここから本文です

バンドーン「ミラーを見たら、右リヤホイールがぐらぐらしていた」マクラーレン F1中国GP金曜

4/14(土) 1:28配信

オートスポーツweb

 2018年F1中国GPの金曜、マクラーレンのストフェル・バンドーンはフリー走行1=18番手/2=14番手だった。

アロンソはフリー走行1回目は12番手、2回目は10番手だった

■マクラーレンF1チーム
ストフェル・バンドーン フリー走行1=18番手/2=14番手
 あまりスムーズにいかなかったね。FP1ではいくつか問題があり、FP2ではピットストップでの問題もあって完璧とはいえなかった。それでも午後になると自信を持って走ることができた。

 また多くのことを学べたし、FP2は午前中よりうまくいった。今日一番ポジティブだったことは、レースペースに期待ができるということ。それはこの数週間で分かったことでもある。予選パフォーマンスについては完璧ではなく、いくつか理解すべきこともあるが、全体的に満足している。

 このサーキットにはチャンスがたくさんある。明日は難しいコンディションになりそうだし、タイヤの選択についてもいくつか選択肢がある。僕らは必要なことすべてが揃っていると思う。プライムタイヤとオプションのタイム差はとても大きく、挙動もかなり違うから、面白いことになりそうだよ。

 ピットストップの後、ボックスを離れた直後には、変だと思わなかった。ターン3に向けて左に曲がった時に初めて、何かおかしいと思ったんだ。ミラーを見ると、右リヤホイールがぐらぐらしているのが見えた。危険を避けるために、すぐにマシンを止めた。

 今は調査しているところなので、原因はまだ分からない。ピットストップはF1の一部であり、今後も基本的にはそれは変わらないだろう。もちろんバーレーンでのような事故は起きてほしくない。コース上でマシンをとめなければならないアクシデントが何度か起きている。もちろんあんなことは起きてほしくないけど、それでも時々起きてしまうものなんだ。

[オートスポーツweb ]