ここから本文です

リカルド「メルセデスやフェラーリと戦うため、ウルトラソフトを回避するかも」レッドブル F1中国GP金曜

4/14(土) 9:11配信

オートスポーツweb

 2018年F1中国GPの金曜、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドはフリー走行1=4番手/2=9番手だった。

ソフトタイヤでは速さがあると言うダニエル・リカルド

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=4番手/2=9番手
 午前のセッションの半分と、午後のセッションの半分はうまくいった。全体的に、ハード側のコンパウンドの方は僕にとっては感触がよかった。ウルトラソフトを履くと、速さがなかったから、どこでロスしているのかを調べ、タイムを見つける必要がある。

 走っている時にどういう部分の感触が良くないのかは分かっているけれど、しっかりした答えを見つけ出し、明日に向けて修正したい。

 ロングランはショートランに比べるとずっといい。速さを発揮できると自信を持っているよ。全体的に見ると、悪くはないから、フェラーリやメルセデスと戦うことができるんじゃないかな。

(ウルトラソフトについて語り)ウルトラソフトでの予選ランはうまくいかず、いいバランスを見つけられなかった。ウルトラソフトは難しい。グリップを見いだせずにいるんだ。今日2回使ったけれど、どちらの時も満足できなかった。ソフトタイヤから2段階軟らかいタイヤなのに、0.2秒しかタイムを削れなかった。ファーストセクターの段階で、早くもタイヤが終わってしまったように感じた。

(決勝スタートタイヤが決まる予選Q2で)ソフトタイヤを使うことを考えている人もいる。僕らはソフトとミディアムでは競争力が比較的高い。このふたつのコンパウンドを使えば、決勝でいい方向に行けるかもしれない。

[オートスポーツweb ]