ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

アロンソ「ストレートスピードの遅さを解決すべき」。“トウ”を利用して予選を戦う:マクラーレン F1中国GP土曜

4/14(土) 22:36配信

オートスポーツweb

 2018年F1中国GPの土曜予選で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは13番手だった。
       
■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 予選=13番手
 今日はQ3に進めるだけの速さがなかった。Q1で9番手だったため、トップ10に入れるかもしれないと、少し期待したが、実際にはQ2でそれだけのペースがなかった。

決勝ではタイヤが大きなファクターになると言うアロンソ

 オーストラリアで11番手、バーレーンとここで13番手だったので、今の僕らの予選パフォーマンスの位置はこのあたりなのだろう。これでは十分ではないし、ストレートで遅いということも分かっている。ただ、この点を改善できる見込みはある。

 とはいえ、Q3に進んでいたら、明日のレースをウルトラソフトでスタートしなければならなかった。明日は晴れて気温が上がり、ウルトラソフトはあっという間に性能が落ちてしまうだろう。だから予選13番手でタイヤを自由に選べる方がいい。

 レースペースは予選ペースより少しいいから、いいスタートを決めて、いい戦略を利用し、タイヤをうまく労わって走れば、ポイントを獲得できる可能性は十分ある。

(予選Q2でストフェル・バンドーンと互いにトウを利用し合ったことについて聞かれ)Q1で僕が上の順位だったから、Q2の最初のランでは僕がストフェルにトウを与え、2回目のランでは彼が僕にトウを与えるというように決めた。

 あとコンマ数秒上げようとした。でもこの問題には時間がかかる。バーレーンからまだ数日しかたっていない。次のグランプリで、普通の状況でQ3に進めるかどうか見てみよう。

 主だったライバルたちと比べると、僕らはストレートで少し遅い。つまり、この部分でマシンを進歩させる余地があるということだ。

[オートスポーツweb ]