ここから本文です

なでしこが8大会連続W杯出場決定!!最後は“ボール回し”で決めた!!

4/14(土) 0:36配信

ゲキサカ

[4.13 女子アジア杯 日本1-1オーストラリア アンマン]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は13日、W杯予選を兼ねた女子アジア杯グループBの第3戦でオーストラリア女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。韓国女子代表がベトナム女子代表に勝利したため、勝ち点5で3チームが並ぶことになったが、得失点差でオーストラリアが1位、得点数で韓国を上回るなでしこが2位を確定。来年フランスで開催されるW杯への出場を決めた。

 なでしこジャパン、8大会連続W杯出場決定!!なでしこが連覇を目指す女子アジア杯は、来年6月7日よりフランスで開催されるW杯のアジア最終予選も兼ねている。出場条件は8か国中5位までに入ることで、2つのグループリーグでそれぞれ上位2チームに入れば、必然的に出場権を獲得することになる。

 ただなでしこが戦うグループBは、FIFAランキングでなでしこより上位のオーストラリア、昨年12月のE-1選手権でも好勝負を演じた韓国と同じ“死の組”。第2節を終えて首位オーストラリアと2位なでしこが勝ち点4で並び、韓国が同2で追う展開で、この日の結果次第では、大きく状況が変化する可能性があった。

 試合は前半からフィジカルに勝るオーストラリアが力強い攻撃で、なでしこに襲い掛かる。ただ集中力を高く保つなでしこは、オーストラリアに決定機と作らせない。

 そして前半をスコアレスで耐えると、迎えた後半18分、ついに均衡が崩れる。FW岩渕真奈の縦パスでエリア内左を縦に抜けたMF長谷川唯が追いついてマイナスに折り返す。流れるようなパスワークからフリーでゴール前で待ち構えたMF阪口夢穂が左足でニアサイドを抜いて、ゴールネットを揺らした。

 だた後半41分にFWカーに同点弾を許してしまう。同点とされたなでしこはこのあと、DFラインでボール回す作戦に入る。オーストラリアも全くボールを取りに来ず、そのまま試合終了。もう一試合では韓国がベトナムに勝利したが、結果で逆転を許すことはなかった。日本は準決勝で中国と対戦する。

最終更新:4/14(土) 1:12
ゲキサカ