ここから本文です

[プリンスリーグ北信越]注目2年生たちの陰に隠れていた3年生が活性化。帝京長岡が初勝利

4/14(土) 20:09配信

ゲキサカ

[4.14 高円宮杯プリンスリーグ北信越第3節 帝京長岡高 1-0 C開志学園JSC 長岡ニュータウン公園]

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越は14日に第3節を実施。帝京長岡高(新潟)と開志学園JSC高(新潟)の一戦は、帝京長岡が1-0で勝利した。

「先輩たちの分まで頑張ろうと思っていた。今日は技術云々よりも、気持ちや迫力を出すつもりでした」。DF小泉善人(3年)がそう振り返るように帝京長岡にとって、開志学園は昨年の選手権予選の準決勝で敗れた因縁の相手だ。

 この日にかける想いは強く、立ち上がりこそ硬さが見られたが、時間の経過とともに気持ちのこもったプレーと、元日本代表MF礒貝洋光氏の親戚であるMF礒貝飛那大(3年)を中心としたボールを回しで試合の主導権を握った。

 DF手塚克志(3年)とDF本田翔英(2年)の積極的なオーバーラップや、FW晴山岬(2年)の鋭い飛び出しで見せ場を作ったが、「シュートの思い切りが足りなかったり、もう一押しが出来なかった」(小泉)ことが響き、1点が奪えず。前半44分に、礒貝のFKから作った決定機もMF谷内田哲平(2年)のシュートがミートせず、スコアレスで試合を折り返した。

 後半も帝京長岡のペースで試合が進むと8分には、PA右でボールを持った谷内田のタメから、フォローに走ったMF吉田晴稀(2年)がゴール前にクロスを展開。ニアに飛び込んだの本田がダイレクトで合わせて、均衡を崩した。

 先制点を奪うまでの帝京長岡は、「この2試合は、セカンドボールが拾えなかったので中盤の攻防を意識した」(谷内田)ことが奏功し、前線からの守備とセカンドボールの回収も機能していたが、試合終盤はMF山田莉幾斗(3年)ら2列目のパスから、開志学園にサイドを崩される場面が増えた。29分には開志学園にチャンスが訪れ、MF田中彩斗(3年)を起点にコンビネーションで右サイドを突破。最後はDF水上辰之輔(2年)がフリーでシュートを打ったが、枠を捕らえることができず、そのままタイムアップを迎えた。

 谷内田を筆頭に注目の下級生が揃う帝京長岡だが、「練習試合で勝てていたので、やれるという手応えはあったけど、いざ公式戦になると自分たちの力が出せなかった」(谷内田)ために、開幕から2試合は白星なし。選手同士で、「自分たちは勝てるんじゃないかという浮ついた気持ちを捨てよう」と話し合い、球際、セカンドボール、攻守の切り替えなどサッカーの原点を見つめ直した。

 そうした中で、脚光を浴びたのが、これまで2年生の陰に隠れていた3年生だ。「練習試合を含めて、こんなに3年生を多く使ったの初めてかも」と谷口哲朗総監督が口にするように、この日は練習でのアピールが実り、7名がスタメン入り。上手さはあるもののデュエルで物足りなさが残る2年生の分まで気持ちと声でピッチを盛り上げた。

 3年生の奮闘がチームに勢いを与えるのは確かで、谷口総監督は、「2年生が簡単にポジションを得られないような状況を3年生が頑張って作ってくれているし、本当にチームの役に立つのは、こういうプレーだぞと見せてくれている。高校サッカーの最後の花道を自分たちで作る意欲をドンドン見せて欲しいので、今年は3年生に期待している」と口にする。ポジションを奪われた2年生も、このままで終わるはずがなく、また明日以降は熾烈なレギュラー争いが待っている。

「3年生同士で、アイツら(2年生)に全部を、持って行かれたくないと話している。最近は”2年に負けてられない”という気持ちがより出てきたし、2年生からも、”俺が出るから、先輩は休んでて”みたいなのを感じる。良い競争力が出てきた」。主将の小泉がそう話すように、タレント揃いの要注目チームは学年間での競争をチーム力に変え、日本一への準備を進めていく。

(取材・文 森田将義)

最終更新:5/14(月) 14:59
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ