ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

[関東大会予選]埼玉新人戦で初優勝の成徳深谷、挑戦者として戦う大会でまず1勝

4/14(土) 21:04配信

ゲキサカ

[4.14 関東高校大会埼玉県予選1回戦 成徳深谷高 4-1 浦和北高 埼工大G]

 平成30年度関東高校サッカー大会埼玉県予選は14日に1回戦を行い、2月の県新人戦優勝校・成徳深谷高が浦和北高に4-1で快勝した。ベスト16進出を決めた成徳深谷は15日の2回戦で栗橋北彩高と戦う。

 新人戦で初の県タイトル獲得。埼玉の高校サッカーの歴史を一つ塗り替えた成徳深谷が、関東大会予選でまず初戦を突破した。この日は新人戦準優勝の西武台高や昨年の関東大会予選準優勝校・正智深谷高、浦和西高などが敗れる波乱の初戦に。為谷洋介監督が「難しい1回戦だなと思っていた」と引き締めて試合に臨んでいたが、予想通り、簡単な展開にはならなかった。

 浦和北は守備ブロックを構築し、奪ってから素早いカウンターを展開。アーリークロスからチャンスを作り出してくる。成徳深谷は再三相手ゴールに迫るものの、1点を奪うことができない。それでも為谷監督が「マジメ。しっかりしている男です」と評するMF佐藤蒼太主将(3年)らアタッカー陣の果敢な仕掛け、MF若崎蓮(3年)の中盤からの飛び出しなどを活用して攻め続ける成徳深谷は26分、相手ハンドで獲得したPKをMF石川怜磨(3年)が右足で決めて先制する。

 さらに31分には右サイドで実直なプレーを続けていたSB長谷玲央(3年)の右ロングスローをニアでそらし、最後はCB堀井皓士郎(3年)が右足ダイレクトボレーで合わせて2-0と突き放す。

 成徳深谷は後半もアタッカー陣がフレキシブルにハイサイドへ飛び出し、そこからの崩しでチャンスを作り出す。浦和北はGK青山真也(3年)が懸命のセーブを見せるなど堪えていたが、成徳深谷は21分にもMF藤田温杜(3年)の左CKをファーサイドのCB成澤圭梧(3年)が頭でゴールへ叩き込む。

 為谷監督も「(この日は)ほぼ完璧に競り勝っていた」と評したように、攻守で圧倒的な高さを示していたCB成澤のゴールで3-0。定評のある守備面でも無失点のまま終わりたいところだったが、攻守に良く対抗していた浦和北もこのままでは終わらない。カウンターの起点となり続けていた10番MF森優人(3年)中心に攻め返し、24分に1点を返す。クリアボールを右サイドで奪い返してPAへ入れると、FW貫井勇人(3年)がゴール前で粘り、最後はこぼれ球を右SB石原遼(3年)が右足でゴールへ流し込んだ。

 浦和北はこの後もCB油井隼翔(3年)のロングスローなどから反撃したが、MF佐々木拓紀(3年)ら交代出場組が運動量を落とさない成徳深谷は35分、長谷の右CKを交代出場のMF竹間世和(3年)が豪快に頭で決めて4-1。新人戦優勝で周囲からターゲットにされる中、挑戦者として大会に臨む成徳深谷がまず1勝を挙げた。

 為谷監督は「チームとして色々と試すことができた」。総合力でライバルたちを圧倒している訳ではないだけに、やらなければならないことはまだまだある。新人戦後に台頭してきた選手とのコンビネーションも、隙を見せずに勝ち切る姿勢も高めていかなければならないようだ。だが、新人戦で浦和学院高、昌平高、浦和東高、そして西武台と強豪を連破しているチームが自信をつけていることも確か。面白い個もいる。自分たちを見つめ直しながら、挑戦者として高みを目指す成徳深谷が関東大会予選でどのような結果を残すか注目だ。

最終更新:4/14(土) 21:04
ゲキサカ