ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

川崎F、家長ポスト2本など決め切れずスコアレス…仙台はJデビューの青森山田出身DF常田が完封貢献

4/14(土) 21:09配信

ゲキサカ

[4.14 J1第8節 仙台0-0川崎F ユアスタ]

 ユアテックスタジアム仙台で開催された2位ベガルタ仙台と5位川崎フロンターレの一戦は0-0の引き分けに終わった。2試合負けなし(1勝1分)となった仙台は2位をキープ。昨季王者の川崎Fは4戦未勝利(2分2敗)で6位に順位を下げた。

 互いに前節から中2日ということもあり、仙台は先発6人、川崎Fは先発7人を変更。仙台は元青森山田高のプロ3年目DF常田克人が初スタメンでJリーグデビューを飾り、3バックの中央を務めた。対する川崎Fは大卒ルーキーのMF守田英正がプロ入り後リーグ戦初先発を果たし、ボランチを担当。また、FW知念慶は最前線でリーグ戦3試合連続スタメンとなった。

 最初に決定機を迎えたのは仙台。前半6分、古巣対戦のMF中野嘉大がPA内左から折り返したボールにFW西村拓真が反応する。合わせれば先制かという場面だったが、左足で空振りしてしまった。

 その後はアウェーの川崎Fがボールを支配して攻め込む展開となる。前半18分、PA内右に流れたボールにDFエウシーニョが走り込み、右足でクロス。しかし、ファーで合わせたMF家長昭博のヘディングは左ポストをかすめて枠を外れる。同25分にはGKチョン・ソンリョンからのロングボールを知念が落とし、受けた家長がMF阿部浩之とのパス交換からPA内右で右足を振り抜くが、右ポストを叩いたシュートはGK関憲太郎に抑えられた。

 仙台もハーフタイム直前にチャンスを立て続けに作るも、前半42分のFW野津田岳人のヘッドはGKチョン・ソンリョンの正面を突き、同44分にPA内左の中野がカットインから右足で打ったシュートはわずかに枠の右外へ。前半はそのままスコアレスで折り返した。

 4試合ぶりの勝利を目指す川崎Fは後半開始から知念に代え、FW大久保嘉人を投入。同19分には阿部との交代でMF齋藤学をピッチへ送る。一方の仙台も同29分までにDF永戸勝也、FW石原直樹、MF椎橋慧也と積極的にカードを切って勝負に出た。

 だが、両チームとも徐々に運動量が落ち、フィニッシュシーンが生まれにくい展開に。さらに仙台がブロックを下げて守備の意識を高めたことで、川崎Fがボールを保持しながらも攻めあぐねる時間が続く。後半41分にはMF中村憲剛を下げてDF登里享平を投入するが、最後まで流れは変わらずに0-0で試合終了となった。

最終更新:4/14(土) 21:12
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合