ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ロケッツのジェームズ・ハーデンが秘密の会合『NBAママ友の会』の存在を明かす

4/15(日) 7:00配信

バスケット・カウント

「俺が普段話もしない選手の母親とも交流している」

写真=Getty Images


大観衆が集まる会場の中央で眩いスポットライトを浴びるNBAプレーヤーは、選ばれた人間のみが就ける職業の一つ。スター選手に成長し大型契約を勝ち取れれば、家族全員を養っていくだけの富を手にできる。そんなNBAプレーヤーを持つ家族の中で誰よりも鼻が高いのは、自慢の息子を生んだ母だ。

NBA選手たちの母親は、オールスターゲームやプレーオフ時期以外でもソーシャルメディアに登場することが多く、中には愛する息子への批判に猛然とTwitterなどで抗議する母親もいるくらいだ。ロケッツのジェームズ・ハーデンによれば、NBA選手の母たちは息子に秘密で会合を開いているらしい。ハーデンが『GQ』とのインタビューで、『NBAママ友の会』の存在を明らかにしている。

ハーデンは「母は他の選手のお母さんとも交流しているみたいなんだ。俺が普段話もしない選手の母親ともね」と告白。聞き手が冗談だと思い聞き返すと「母親同士が会っているのは本当だよ。『ママ・ミーティング』があるらしい。俺はうれしいけれどね。だって、母親同士が自分たちには内緒で、お互いの息子について話し合っているんだから」と、続けた。

今シーズンのMVP受賞がほぼ確実視され、平均30.4得点で得点王に輝き、5.4リバウンド、8.8アシストの活躍でチームを西カンファレンス首位に導いたハーデンの母親は、さぞかし息子自慢をしていることだろう。この勢いのままチームを23年ぶりの優勝に導くことができれば、シーズンオフに開催される『NBAママ友の会』の話題はハーデンでもちきりになるはずだ。

バスケット・カウント