ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

(時時刻刻)トランプ氏、強気誇示 「弱腰」回避/北朝鮮へ「警告」も シリア攻撃

4/15(日) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 シリアでの化学兵器使用疑惑をめぐり、米国と英仏が共同で13日、アサド政権側への攻撃に踏み切った。トランプ米大統領は「攻撃は完璧に遂行された」と成果を誇ったが、アサド政権を支援するロシアとの衝突は望んでおらず、攻撃は限定的なものにとどめた。シリアとロシアは「国際法違反」と批判しており、今回の攻撃によってシリア情勢が好転する兆しはない。▼1面参照

 48時間以内に軍事攻撃をするか決断する、と語ってから丸4日。トランプ氏はホワイトハウス内の星条旗の前へゆっくり進み、国民に向けて演説を始めた。
 「邪悪で卑劣な攻撃で母や父、子どもは苦しみあえいだ。……本文:3,093文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社