ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

熊本地震から2年 43人が亡くなった益城町で追悼式 

4/15(日) 13:46配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

おととしの熊本地震で43人が亡くなった益城町で追悼式が営まれ、遺族たちがふるさとの復興を誓いました。

式には遺族などおよそ260人が参列。遺族代表として地震で妻を亡くした久保征明さんが追悼の言葉を述べました。
「今回の震災を教訓に、さらに人の命を大切に災害に強い町にと願うことが、命を落とされた方々の思いを活かすことになると思います」(遺族代表 久保征明さん)
このあと参列者が鎮魂と復興への願いを込めて花を手向けました。
益城町では、熊本地震で関連死を含め43人が亡くなり住宅の6割にあたる6000棟以上が全半壊しました。今もおよそ2500世帯が仮設住宅などでの仮住まいを余儀なくされていて、今後の生活再建が課題となっています。

RKK熊本放送

最終更新:4/15(日) 13:51
RKK熊本放送