ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

三浦桃香、3度目の正直で初優勝なるか!不動裕理は地元で7年ぶり勝利狙う

4/15(日) 9:24配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<KKT杯バンテリンレディス 最終日◇15日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>

<写真>バンテリンレディス 熱戦の模様はLIVEPHOTOでチェック

国内女子ツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディス」最終日。2日目を終えて、首位につけるのはトータル4アンダーの成田美寿々、藤田さいき、土田沙弥香の3名。1打差に三浦桃香、権藤可恋、2打差には不動裕理、葭葉ルミ、福田真未、フェービー・ヤオ(台湾)がつけている。

注目は最終組の1つ前、三浦桃香、権藤可恋、不動裕理の第10組。ツアールーキー・19歳の三浦は「Tポイントレディス」「アクサレディス」で2度の最終日最終組でプレーしており、早くも今季3度目の優勝争い。プロデビュー7戦目での初優勝を狙う。

通算50勝、生涯獲得賞金13億超えの永久シード・不動は、逆転勝利となれば2011年「サイバーエージェント レディス」以来。地元・熊本で7年ぶりの勝利を挙げることができるか注目があつまり、最終日の1番ティに姿をあらわした際には、地元ファンに大きな拍手で迎えられた。

第10組のスタートホールの1番は、3者ともパーで終えている。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>