ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大谷効果だ!エンゼルス 球団39年ぶり快進撃!開幕12勝3敗

4/15(日) 6:30配信

スポニチアネックス

 ◇ア・リーグ エンゼルス5―4ロイヤルズ(2018年4月13日 カンザスシティー)

 エンゼルス・大谷は日本ハム時代に70二塁打をマークしているが、左翼線は4本と少なく「8番・投手」で出場した16年9月21日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来。

 また、エンゼルスの開幕15試合で12勝3敗は1979年以来の球団タイ記録となった。このペースは大リーグタイ記録の年間116勝を挙げた01年マリナーズの11勝4敗を上回る好スタート。開幕からの敵地9試合で8勝1敗は球団史上初で、敵地8連勝は14年9月以来4年ぶりとなった。